キヤノン・ドキュメントスキャナーの「知りたい!」がわかるサイト
  • スキャナビ!について
  • キヤノン製品サイト
ドキュメントスキャナーに関する、クチコミやレビューを集めました!“実際に使った感想”や“気になる活用方法”などを、ぜひチェックしてください!
体験隊ブログレビュー
体験隊一覧

USBバスパワー駆動の小型ドキュメントスキャナーDR-P215

このエントリをmixiチェックするこのエントリをつぶやく

A4紙書類もカードも両面スキャンできる、モバイル用途に最適なキヤノンimageFORMULA DR-P215。ブーツにすっぽり収まってしまうコンパクトサイズ、MacBook Air 11インチとほぼ同じ横幅のドキュメントスキャナー。

さて今回試用してみたのは、キヤノンの小型ドキュメントスキャナー新製品「imageFORMULA DR-P215」でございます。

おっと、間違えた。

こりゃ私の長靴の写真でした。

では改めまして、以下の写真をば

どうですか?

外箱からして片手で持てる小ささ!これはモバイル用途で期待できそう。開梱から試用までのファーストインプレッションを動画にいたしましたので、どうぞご覧くださいませ。

とっても小さいのに「できる子」ですよね。

フタの開閉が電源スイッチを兼ねてるのが素敵。しかもスキャンに使用するソフトはスキャナー本体にあらかじめ内蔵されております。USB接続された状態で、本体の電源がオンになると、外部ドライブとしてパソコンにマウントされ専用ソフトの「CaptureOn Touch Lite」が起動します。あとはポチっとスキャンするだけだよ!

最大A4サイズ両面同時スキャン可能。

だけじゃない!

前面スロットにてカードスキャンも可能!

つまり…

『ちょっと免許証のコピー取らせていただきますね』

がアナタの自宅でもできてしまうのだ!!

いや、自宅だけではないですね。

だってUSBバスパワーでモバイルに適したサイズだもの。出先でも、例えばコワーキングスペースでも気軽に持ち込んで利用できてしまいます。小さい機器の代表格「MacBook Air 11インチ」と並べてみてもこの通り。

これでおおよそのサイズ感は伝わるよね?

横幅はほぼ同等、縦はおよそ半分ほどのサイズです。日本の住宅事情的にもこのサイズは嬉しいですよね。机の引出しにも仕舞えそう。

本体内蔵の簡易版ソフトではなく、フルバージョンの「CaptureOn Touch」をインストールすれば、ノマド必須ツールの「Evernote」や「Google Docs」とも連携可能だそうです。

「外出先でスキャンする必要性がどこにあるのか?」と問う方がたまにいらっしゃいますが、特定のオフィスを持たないノマドワーカーにとっては、どこであろうと今いるこの場所こそが仕事場です。どこにでも持ち運べる機器で、どこででも業務遂行できるのが重要なんですよ。この「DR-P215」という製品も、そういった強い味方になってくれるんじゃないかと思いました。